平安時代 天長五年(828年)創建と伝える大宮で最も古い寺院のひとつです さしおうぎ薬師 福正寺(木本様 明治の頃には小学校も兼ねていた マップ参照)  

 指扇領別所には今でも古い神輿(みこし)が保存されているとのこと(ぜひ復活を希望します)。
また宝来には江戸時代 山之内一唯は寛文元年(1662年)家臣 高村権之丞及び息子の勝政が 新田開発の成就(じょうじゅ)を祈って奉納(ほうのう)したとされる(宝来神明社銅鏡)が市立博物館に所蔵されております。今年平成22年11月7日(日曜日) 9:00~14:00 宝来明神にて公開展示をおこないます。


高木自治会館 昔ここに法願寺(鎌倉時代から室町時代)というお寺があって(旧本願寺地蔵堂 南北朝時代木造地蔵菩薩座像 他)板石塔婆が市指定の文化財